概要 Edit

アップデートやツールバー(アイコン)変更等に必要な再起動を、自動化する外部コマンド

備考 Edit

設定方法 Edit

準備
1) V2C保存用フォルダ内に"script"フォルダがなければ、"script"フォルダを作成する。

2) メモ帳等のエディタで以下の内容を"script"フォルダ内に"V2Creboot.vbs"として保存する。(文字コードはShift-JIS)

' ----- 次の行から -----
'【登録場所】 全体
'【ラベル】  再起動
'【内容】 V2Cを終了し完了を待って再起動する
'【コマンド】 wscript "$SAVEDIR\script\V2Creboot.vbs" "$APPDIR\V2C.exe"
Option Explicit

Private Const PROC_QUERY = "select * from Win32_Process where Name='V2C.EXE'"
Private Const TARGETPC = "winmgmts:"
Private Const INTERVAL = 1000

Dim WshShell
Dim args
Dim objWMI, objProc
Dim V2CexePath

Set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")

' 終了
WshShell.SendKeys "%{F4}"

' 終了待ち
Set objWMI = GetObject(TARGETPC)
Do
Set objProc = objWMI.ExecQuery(PROC_QUERY)
WScript.Sleep INTERVAL
Loop While objProc.Count > 0

' 起動
Set args = Wscript.Arguments
V2CexePath = CHR(34)+args(0)+CHR(34)
Call WshShell.Run(V2CexePath, 1, False)

Set WshShell = Nothing
Set objWMI = Nothing
Set args = Nothing
Set objProc = Nothing
' ----- 前の行まで -----

3) 設定→外部コマンド→一般に以下で登録

【登録場所】 Edit

全体

【ラベル】 Edit

再起動

【コマンド】 Edit

wscript "$SAVEDIR\script\V2Creboot.vbs" "$APPDIR\V2C.exe"

元レス Edit

yy61.60.kg/test/read.cgi/v2cj/1252074124/593, 728


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-05-31 (土) 23:14:08 (2019d)