*概要 [#vf6eb428]
Youtube動画情報のポップアップ
#ref(./PopupStatusYoutubeimage.jpg)
※&color(red){この画像は初期のもので現在は表示が異なります};
**備考 [#t0171ff8]
-フォルダ内の「使い方.txt」参照
-他細かい設定は、スクリプトファイル内「//設定」行以下にあります。

//[画像]
//#ref(./*.jpg)

*設定方法 [#h4c44ce6]
1. [[こちら>スクリプト一覧#PopupStatusYoutube]]の移動先にある『PopupStatusYoutube.js』から同ファイルをダウンロードします。
//1.元スレのPopupStatusYoutube.js をダウンロードする。
2. ファイルを解凍しスクリプトをV2C保存用フォルダのscriptフォルダに入れる。(フォルダがなければ作成する。)
**外部コマンドを使用する場合 [#a94f6dd6]
3. [[スクリプトの設定方法>スクリプト#kee102f6]]を参考にしてください。
**URLExec2.datを使用する場合 [#l2a8cef7]
3. V2C保存用フォルダのURLExec2.datの任意の箇所に下記のような内容を記述する。(URLExec2.datがなければメモ帳等のテキストエディタを利用し文字コードをshift-jisにして作成する。)
 https?://(?:\w+\.)?youtube\.(?:\w+|co\.\w+)/.*?v=[\-_\w]{11}.*【TAB】$&【TAB】${V2CSCRIPT:FrxS} PopupStatusYoutube.js
短縮URLの場合は以下を記述する。
 http://youtu\.be/[\-_\w]{11}【TAB】$&【TAB】${V2CSCRIPT:FrxS} PopupStatusYoutube.js
※【TAB】はTABキーで置換
4. V2Cを再起動、または「メインメニュー」→「ファイル」→「再読み込み」→「URLExec2.dat」から、設定ファイルを再読み込み。

URL判定の正規表現は配布されているImageViewURLReplace.datやURLExec.dat等を参考にしましょう。
**【登録場所】 [#t55be6e9]
リンク・URLExec

*元レス [#fabacf02]
[[yy61.60.kg/test/read.cgi/v2cj/1252074124/408>http://v2c.kaz-ic.net/v2cj/1252074124.html#R408]]
[[yy61.60.kg/test/read.cgi/v2cj/1304861674/11>http://v2c.kaz-ic.net/v2cj/1304861674.html#R11]], [[103>http://v2c.kaz-ic.net/v2cj/1304861674.html#R103]], [[117>http://v2c.kaz-ic.net/v2cj/1304861674.html#R117]]
[[yy61.60.kg/test/read.cgi/v2cj/1365215326/131>http://v2c.kaz-ic.net/v2cj/1365215326.html#R131]]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS