外部ツール Edit

外部コマンドを経由してV2Cと連携したり、
併用することで機能や操作性を向上させるソフトの一覧です。

対応プラットフォームは特に明記のない限り、全てWindows用です。

StreamingPlayer Edit

配布サイト: StreamingPlayer

動画サイトの表示に特化した専用ブラウザです。

外部コマンド

【登録場所】リンク
【ラベル】StreamingPlayer
【コマンド】"(StreamingPlayer.exeのパス)" "$LINK"

または外部ブラウザに登録することもできます。

URLExec.dat Edit

URLExec.datを使用すると、レス表示欄でURLをクリックしたときにStreamingPlayerで開くことができます。

以下のリンクを右クリックで保存した後、URLExec.datにリネームしてV2C保存フォルダに置いてください。
http://blizzardkite.sakura.ne.jp/streamingplayer/files/URLExec.txt

URLExec.datを使う場合、StreamingPlayerのフォルダはV2C保存フォルダの下に配置する必要があります。*1

V2C/
├StreamingPlayer3/
│├(略)
│└StreamingPlayer.exe
└URLExec.dat

みくりま Edit

配布サイト: オンライン動画連続再生ソフト「みくりま」
参考スレ: みくりま@ソフトウェア

StreamingPlayerと同じく、動画サイトの表示に特化した専用ブラウザ。

外部コマンドへの登録

【登録場所】リンク
【ラベル】みくりま
【コマンド】"(みくりまのパス)" "$LINK"

外部ブラウザに登録することもできます。

AA List Manager for Jane 2ch Edit

Jane互換ファイルのAAList.txtを階層管理するツール。
Windows用。

V2Cは短文リストを読み出すときにV2C保存フォルダから使える形式のAAList.txtを探し、使えなければ短文リストを使います。
AAList.txtが存在するときは、右クリック→短文に追加はAAList.txtに対して書き込まれます。

したがって単に登録するのみなら、わざわざ外部コマンドでAAList Managerを使う必要はありません。
管理が必要なときだけ起動するほうが良いでしょう。
もちろん、管理もV2Cのメニュー→設定→短文を使ってもOKです。

導入 Edit

以下、V2CをメインにAAList ManagerでAAを管理する場合についての例を説明。
他の使い方の場合、例えばAAList.txt共用などの用途の場合は適宜読み替えて解釈すること。

インストール Edit

  1. AA List Manager for Jane 2ch からAAListManagerをDL
  2. AA Copier for AAList Manager からCopyAAforAALMをDL

AAListManagerとCopyAAforAALMを解凍し、AAListManagerフォルダに纏めて適当な場所に移動します。
以下は配置例です。

V2C/
└lib/
  └AAListManager/
    ├AAListManager.exe
    ├AAListManager.ini
    ├readme.txt
    ├CopyAAforAALM.exe
    ├CopyAAforAALM.ini
    ├checksum.sha1
    └使い方.txt

CopyAAforAALM.iniをテキストエディタで開いて設定を書き換えます。

AALMCmd="C:\Program Files\Jane2ch\AAListManager.exe"

AALMCmd=AAListManager.exe -jane "C:\App\V2C\AAList.txt"

に書き換え。
C:\App\の部分は適宜読み替えてください。

V2Cの設定 Edit

V2Cメニュー→設定→外部コマンド→一般タブ→選択テキストタブで

ラベル  : AAList ManagerでAA登録
コマンド: "C:\App\V2C\lib\AAListManager\CopyAAforAALM.exe" *$SELTEXT

AAの登録ではなく、単に管理のためにAAList Managerを起動したい場合は、
V2Cメニュー→設定→外部コマンド→一般タブ→レス表示タブで

ラベル  : AAList ManagerでAA管理
コマンド: "C:\App\V2C\lib\AAListManager\CopyAAforAALM.exe"

も登録してください。

使い方 Edit

テキスト選択→右クリック→AAList ManagerAA登録
ファイルがないので「アクセスできません」と警告が出ますが、OKを押してください。

左のツリー欄で、右クリック→貼り付け。
右のエディット欄にAAが表示されます。

複数行AAのときはツリー欄でのラベルが*になるので、*の後に続けて分かりやすい名前を付けてください。

別のAAList.txtを読み込みたい場合はメニュー→ファイル→追加読み込み。

最後にツリー欄を確認し、メニュー→ファイル→上書き保存。
ファイルがない場合は自動的に別名保存になります。
このとき、保存ディレクトリがV2C保存フォルダであることを確認して保存してください。

V2C書き込み欄で使うときは

キーバインドで使いたい場合は、
メニュー→設定→キーバインド→書き込み欄→「短文リストを表示する」
で設定します。

問題点 Edit

レスを文末+空白まで選択するとCopyAAforAALM.exe側で「”」が文末に追加される。
という現象については以下を参照。

809 : n|a : 2008/01/26(土) 22:00:56 ID:ihMff55G0
≫798-799
どうも選択テキストの内容によってJREが自動的に"を前後に付け、
(例えば半角スペースは1文字でも"が付く。)
最初の"はCopyAAforAALMによって無視されるが最後の"はそのまま残る、
ということのようです。
対処法がわからなかったので、T20080101bではそのままになっています。

引用元: Java+Swingによる2chブラウザ V2C_T9
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/software/1196864491/809

kakikomi解析2 Edit

kakikomi解析2は、Windows用2ちゃんねる専用ブラウザの投稿履歴ファイル(kakikomi.txt)を解析するツール
対応OS: Windows (作者による動作確認はWindows XP)

あらかじめV2Cで書き込みログの保存を有効化し、kakikomi.txtをある程度保存しておくこと。

導入 Edit

配布サイト: kakikomi解析2

  1. 上のリンク先からkakikomi解析2をダウンロードして解凍し、作成されたkakikomi_analyzer2フォルダを適当な場所に移動する。
  2. kakikomi_analyzer2フォルダ内のkakikomi解析2.exeを起動する。
  3. kakikomi解析2でV2Cのkakikomi.txtを開く
    • 「メニュー→ファイル→kakikomi.txtを開く
    • kakikomi.txtなどV2Cのログ等を保存するディレクトリの初期値はユーザのホームディレクトリの"V2C"
      • JRE付インストーラV2Cの場合の初期値: C:\Users\ユーザー名\V2C
      • その他の可能性: 起動プログラムV2C.exeの置いてあるV2Cフォルダ
    • ※kakikomi.txtに記録されている書き込みの量が少ないと、解析に失敗するかも。
    • ※kakikomi解析2がV2Cのkakikomi.txtをJaneと誤認する場合は、kakikomi_analyzer2フォルダのreadme.txtを参照
  4. 解析に成功したら、レポートの総合結果のkakikomi.txtのタイプがV2Cになっていることを確認。

外部コマンドからkakikomi解析2を起動 Edit

  1. 「メニュー」→「設定」→「外部コマンド」→「一般タブ」→「レス表示」に以下を記述
    • ラベル:kakikomi解析2
    • コマンド:"(kakikomi解析2.exeのパス)"
  2. 「追加」ボタンを押して「OK」ボタン。
  3. V2Cのレス表示ペインで右クリックkakikomi解析2を選択
  4. kakikomi解析2が起動することを確認

kakikomi解析2からWebブラウザではなくV2Cを起動 Edit

HissiChecker Edit

やや上級者向けの設定工程があります。

外部コマンドに登録することで、V2Cから手軽に必死チェッカーもどきを利用するための外部ツール。
上手く動かないかも。
ID検索のみ。トリップ検索は未実装。

fileHissiChecker_0.0.2.zip

V2Cランチャーがデフォルト以外の場所にある人の場合は
HissiChecker.java 11行目付近の、V2C.exe ランチャーフォルダの項目の

// $APPDIRが未定義の場合のデフォルト値
static String appdir_def = "C:\\Program Files\\V2C";

C:\\Program Files\\V2Cを実際の環境に合わせて書き換え、再コンパイルして下さい。
ただし \ は \\ のようにエスケープして書くこと。

Javaのパスの設定 Edit

Windows で java コマンドにパスが通っていることを確認します。
コマンドプロンプトで java と打ち込んで help が表示されたらOK。

パスが通ってない時はコントロールパネルからシステム環境変数の Path にパスを追加します。
詳細: Windows 環境変数 Path の設定方法

外部コマンドの置き場所 Edit

上の二つのファイルを同じディレクトリに置きます。
以下は配置例です。

V2C/
└lib/
    ├HissiChecker.jar
    └HissiChecker.bat

V2Cの設定 Edit

V2Cメニュー→設定→外部コマンド→一般タブ

以下から適当なコマンドを選んで追加。

レス表示タブ Edit

ラベル: 必死チェッカー(内部ブラウザ)
作業フォルダ: C:\App\V2C\lib
コマンド: C:\App\V2C\lib\HissiChecker.bat "int" "res" "$RESNUM" "$BOARDNAME" "$DATFILE" "$APPDIR"
ラベル: 必死チェッカー(外部ブラウザ)
作業フォルダ: C:\App\V2C\lib
コマンド: C:\App\V2C\lib\HissiChecker.bat "ext" "res" "$RESNUM" "$BOARDNAME" "$DATFILE" "$APPDIR"

選択テキストタブ Edit

ラベル: 必死チェッカー(内部ブラウザ)
作業フォルダ: C:\App\V2C\lib
コマンド: C:\App\V2C\lib\HissiChecker.bat "int" "text" "$SELTEXT" "$BOARDNAME" "$DATFILE" "$APPDIR"
ラベル: 必死チェッカー(外部ブラウザ)
作業フォルダ: C:\App\V2C\lib
コマンド: C:\App\V2C\lib\HissiChecker.bat "ext" "text" "$SELTEXT" "$BOARDNAME" "$DATFILE" "$APPDIR"

V2Cの内部ブラウザで開きたい時は
V2Cメニュー→「外部からの要求を受け付ける」をチェック。
V2Cのバージョン*2が4より小さい場合は、
V2C 使用法V2C 使用法 の付録B.Windowsの「起動」の項目を参照

基本使用法 Edit

HissiChecker.jarやbatを直接ダブルクリックしても動きません。

ただし、内部ブラウザに出力する場合は、V2C に JDIC の導入が必要です。

問題点 Edit

batファイル使わずにjarだけにすると、-classpath とか環境変数を弄るとか、
jre を抱え込んだりとか、色々ややこしいので悩み中。
何か良い方法はないだろうか。

DAT2HTML・DAT2TXT Edit

datファイルをHTML形式・テキスト形式に変換するツールです。Windows用。

導入の前に Edit

V2Cは閲覧中のスレッドをHTML形式で出力する機能を備えています。

レス表示欄を右クリック→全表示レス→HTML形式で保存
DAT2HTMLと同様の操作が可能です。

したがってDAT2HTMLが必要になる場面は
変換時の書式を指定したい」「nレスごとにファイルを分割したい
といった条件がある場合のみに限られるでしょう。

導入 Edit

Tatsu's Toolbox

上のページからDAT2HTMLのlzh書庫バージョンをダウンロードして解凍し、
作成されたディレクトリを適当な場所に移動。

メニュー→設定→外部コマンド→「一般」タブ→「レス表示」タブ
下の入力欄に以下を入力します。

ラベル  : DAT2HTML
コマンド: "C:\Apps\DAT2HTML\DAT2HTML.EXE" "$DATFILE" "D:\Documents\html" 
ラベル  : DAT2TXT
コマンド: "C:\Apps\DAT2HTML\DAT2TXT.EXE" "$DATFILE" "D:\Documents\txt" 

最後に追加ボタンを押してOKボタンを押してください。

使い方 Edit

雑魚ちゃん専用まとめツール Edit

配布サイト: ~ brigitta ~
使用方法: ※ 荒らし報告ツール ※ brigitta
雑魚ちゃん専用まとめツールとは、2ちゃんねるの荒らし報告のためのツールです。

外部コマンドへ登録

  1. 上記配布サイトから「雑魚ちゃん専用まとめツール」をダウンロードし、解凍。
  2. 続いて同サイトから、「zakochild_*.zip」をダウンロードし、解凍後、中のzakochild.exeを、1.で解凍したzako.exeと同じフォルダに置く。
  3. V2Cに以下の使用したいコマンドを登録する。
【登録場所】レス表示
【ラベル】報告 通常纏め
【内容】雑魚ちゃん専用まとめツールを使い、通常纏め
【コマンド】"(ルートからの絶対パス)\zakochild.exe" "p1" "http://$BOARDHOST/test/read.cgi/$BOARDNAME/$DATNAME/" "$DATFILE" "$RESNUM"
【登録場所】レス表示
【ラベル】報告 投稿例の抜き出し
【内容】雑魚ちゃん専用まとめツールを使い、投稿例の抜き出し
【コマンド】"(ルートからの絶対パス)\zakochild.exe" "p2" "http://$BOARDHOST/test/read.cgi/$BOARDNAME/$DATNAME/" "$DATFILE" "$RESNUM"
【登録場所】レス表示
【ラベル】報告 広告・宣伝荒らし用
【内容】雑魚ちゃん専用まとめツールを使い、広告・宣伝荒らし用
【コマンド】"(ルートからの絶対パス)\zakochild.exe" "p3" "http://$BOARDHOST/test/read.cgi/$BOARDNAME/$DATNAME/" "$DATFILE" "$RESNUM"
【登録場所】レス表示
【ラベル】報告 芋ほり纏め
【内容】雑魚ちゃん専用まとめツールを使い、芋ほり纏め
【コマンド】"(ルートからの絶対パス)\zakochild.exe" "p4" "http://$BOARDHOST/test/read.cgi/$BOARDNAME/$DATNAME/" "$DATFILE" "$RESNUM"

p2proxy Edit

配布サイト: ~ brigitta ~
参考スレ: p2proxy@ソフトウェア

V2Cでp2にログインして書き込むことができない掲示板でのログインや、複数p2アカウントの管理等が行うことができるツール。
設定には、「メニュー」→「設定」→「ネットワーク」、またはProxy.txtのどちらかを利用してください。

Lingoes Edit

配布サイト: Lingoes
参考スレ: マウスオーバー辞書を語るスレ@ENGLISH

レス表示欄上のテキストを選択したり、クリップボードに送ることで
辞書をポップアップで引くことができるツール。辞書は自分で追加することができる。
残念ながらV2Cはマウスオーバーからのポップアップには対応していない模様。

かざぐるマウス Edit

配布サイト: Static Flower
参考スレ: マウスジェスチャーツール総合スレ@ソフトウェア

V2Cのスクロールをある程度制御できる他、内部ブラウザで開いたWebページに対して
かざぐるマウス側で設定した一部のジェスチャが有効。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • Mac向け・Linux向けのセクションは内容が全く無かったので削除しました。もし今後追加する場合は、見出しに「(Mac向け)」「(Linux向け)」とかを付け足す方向で良いと思います。 -- 2014-03-18 (火) 11:44:26
  • atwikiにあった記事は「外部ツール」と「単なる外部コマンド」があまりに混同されすぎている気がしたので、「単なる外部コマンド」と見て良さそうな例は外部コマンド活用例に移動しました。 -- 2014-03-18 (火) 11:51:40
コメント:

*1 やむを得ない場合はURLExec.datの内容を書き換えることで、StreamingPlayerを任意の場所に置いたまま実行することもできます。
*2 メニュー→ヘルプ→V2Cについて…のバージョンの後に表示される(L-0.N)のN

添付ファイル: fileHissiChecker_0.0.2.zip 303件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-04-14 (月) 01:02:02 (1259d)