目次 Edit

外部ブラウザとは Edit

指定した表現にマッチするURLをクリックしたときに任意のコマンドを実行できる機能です。*1

外部コマンドでは登録されたコマンドがあるメニューやボタンから選択して使いますが、
外部ブラウザではリンクを左クリックしたデフォルトの挙動が変更されます。

また、外部コマンドと同じように"$SCIRPT"を使用してスクリプトを起動できます。
スクリプト側ではv2c.context.linkで渡されたURLを取得できます。

なお、Jane互換ファイルのURLExec.datは、外部ブラウザ設定とほぼ同じ働きをします*2
※ただし、URLExec.datは"$SCIRPT"ではなく"$V2CSCRIPT"を使用することに注意してください。

外部ブラウザの設定方法 Edit

メニュー→「設定」→「外部コマンド」→「ブラウザ」

参照:V2C 使用法 外部コマンド設定の「外部ブラウザ」

デフォルト外部ブラウザ Edit

V2Cが外部ブラウザでリンクを開こうとするとき、特に指定がない場合は
ここで設定されているブラウザを起動します。

初期値は「既定のブラウザ」になっています。*3

コマンドの例 Edit

既定のブラウザを起動する

cmd /e:off /c start "" "$LINK"

その他のブラウザを指定する例

Firefox
"C:\Program Files\Mozilla Firefox\firefox.exe" $LINK
Google Chrome
"C:\Users\(使用者の名前)\AppData\Local\Google\Chrome\Application\chrome.exe" $LINK
Chromium on Linux
/usr/bin/chromium-browser $LINK

Internet Explorerについて Edit

IEについては上記と同じ要領で

"C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe" $LINK

という記述から外部ブラウザに指定して使うことはできますが、既に起動しているIEに新規のタブとして
ページを開くことが出来ず、常に新規のウィンドウとして開かれてしまうという問題があります。
これについては今のところ、スクリプトを使って問題を解決するしかないようです。

fileOpenByNewTab.zip

OpenByNewTab.vbsをscriptフォルダに入れて、下記のコマンドに置き換えてください。

cscript //B "$SAVEDIR\script\OpenByNewTag.vbs" $LINK

参照: コマンドラインから既存IE7の新しいタブへの追加表示

外部ブラウザの使用例 Edit

 ←ここをクリック

URLクリック時の処理フローチャート Edit

URLクリック時の処理フローチャート.png

例外として、下記の場合は上記フローの「URLExec.datにマッチ?」がNo判定で処理が行われます(マッチしてもNo側に進む)

置換機能 Edit

「置換URL」を設定すると、リンクをクリックした際に外部ブラウザへ渡すURLを正規表現で置換したものに変更できます。
URLがまるごと置換URLで設定したものに置き換えられるのではなく、マッチした部分のみ置換されます。

例) http://www.hoge.com/hoge.htmlをクリックした場合

【URL[正規表現]】http://www\.hoge\.com/
【URL置換】http://www.v2c.com/

の設定だと、置換後URLは

http://www.v2c.com/hoge.html

になります。(http://www.v2c.com/ ではない)

URLExec.datとの使い分けは? Edit

URLExec.datはマウスオーバーやサムネイルクリックで動作可能です。
それ以外の機能としてはほぼ同じなので、お好きな方をどうぞ。

現状URLExec.datはStreamingPlayerに同梱のものを使っている人が多い(と思う)ので、
URLExec.datはStreamingPlayer用と割り切り、独自設定はURL置換機能で行うという使い分け方があげられます。

また、URLExce.datは変更後に再読み込みを手動でする必要があるので、その手間分設定が面倒という事もあります。
(特に試行錯誤しながら何度も設定する場合は大変)
なので、特に理由がないのであればV2Cの外部ブラウザ+置換機能の方がオススメです。

ただし、前述のフローチャートからも分かる通り、画像URLやtwitterのTimeLineのURLは
外部ブラウザの設定をスルーしてしまうため、これらのURLを外部ブラウザに渡したい場合は
URLExec.datで設定する必要があります。


*1 ここでの外部ブラウザはV2Cの機能としての意味を持ち、通常のWebブラウザという意味での外部ブラウザとは区別されます。
*2 競合する設定は、URLExec.datの方が優先されます
*3 既定のブラウザとは、そのPCで他のアプリケーションからインターネットの画面が開くときに、自動で開くWebブラウザのことです。V2Cのデフォルト外部ブラウザとは影響が及ぶ範囲が異なる*4という意味で区別されます。
*4 既定のブラウザはPC全体に影響、デフォルト外部ブラウザはV2Cアプリ内のみに影響

添付ファイル: fileOpenByNewTab.zip 350件 [詳細] fileURLクリック時の処理フローチャート.png 479件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-19 (水) 09:23:52 (1346d)