目次 Edit

画像閲覧 Edit

画像ファイルの拡張子(jpg .png .bmp 等)持たないリンクを、画像リンクとして認識させるには:ImageViewURLReplace.dat

画像ポップアップ Edit

参照: V2C 使用法 画像ポップアップ

画像ポップアップ.png

レス表示中の画像を閲覧することができます。

画像ビューア Edit

参照: V2C 使用法 画像ビューア

画像ビューア.png

画像を別ウィンドウのビューアにタブ化してストックしておくことができます。
画像の取捨選択が容易で、複数のスレッド上を横断して使用することができます。

Janeを知っている人なら「Janeの画像ビューワと同じ役割」と考えれば分かりやすいでしょう。

画像表示ウィンドウ Edit

参照: V2C 使用法 画像表示ウィンドウ

画像表示ウィンドウ.png

画像を別ウィンドウに表示することができます。
スライドショー機能が使え、ひとつのスレッドに貼られた画像をゆっくり閲覧する用途に向きます。

画像ビューワと画像表示ウィンドウの使い分けは? Edit

前述の各解説で述べましたが、両者のコンセプトの違いを簡単にまとめると

サムネイルモード Edit

サムネイルモード.png

スレに貼られた画像リンクのサムネイル画像だけを抽出して表示することができます。

キャッシュ一覧 Edit

参照: V2C 使用法 画像キャッシュ一覧

画像キャッシュ一覧.png

キャッシュしている画像の一覧をスレ一覧に表示することができます。
また、選択中の画像はレス表示欄に表示されます。

検索窓からは、画像の取得先URLを元に検索することができます。

画像保存 Edit

参照: V2C 使用法 リンク・画像の設定

画像を直接保存 Edit

保存ダイアログ等を出さず指定されたフォルダに保存します。
「指定フォルダ」の設定はV2Cメニュー→設定→リンク・画像・動画→画像保存フォルダからできます。

画像保存フォルダ.png

ご覧のように、「板ごと」や「スレ毎」に設定出来るようになっています。

フォルダに直接保存 Edit

事前に自分で登録しておいたフォルダから選んで保存出来ます。
フォルダは画像毎に切り替えたいけど、毎回ファイル選択のダイアログでイチイチ選ぶのは面倒くさい」という方にオススメです。

設定方法 Edit

 設定方法を開く

設定後は、保存したい画像のサムネイル上で右クリックすれば、「フォルダに直接保存」があるはずです。
サムネイル上に限らず、何かしら画像の上なら右クリックすると出て来ると思います。
(画像ビューワ上とか画像ポップアップ上とか)

ポップアップメニュー.png

上の画像の例だと、「壁紙」を選ぶと登録した壁紙フォルダに保存されてるはずです。

画像を保存 Edit

保存先をフォルダ選択ダイアログから選んで保存します。
一番一般的なスタイルの保存方法です。

画像自動保存 Edit

参照: ハードリンク

  • ハードリンクを作成すると、既存のファイルに対して別のファイル名やパスを使ってアクセスできるようになる。
  • Windows OSでハードリンクを作成するにはfsutil hardlink createコマンドを利用する。
  • ハードリンクは、同一ボリューム上のファイルにしか張ることはできない。
    フォルダやほかのボリューム上のファイルに対するリンクは作成できない。

まとめて画像保存 Edit

画像ビューワで表示している画像をまとめて保存 Edit

画像ビューワのタブの上で「右クリック」→「チェック」→「ここからチェック」を選択しましょう。
クリックした場所より右にあるタブに全てチェックが付きます。

画像ビューワタブチェック.png

さらに、そのチェックボックスの上で右クリックすると保存メニューが出てきますので、そこから保存で纏めて保存出来ます。
チェックされたモノだけ保存されますので、選りすぐって保存する事も可。

纏めて保存.png

注意!

「メインメニュー」→「設定」→「リンク・画像・動画」→「一般」タブで、『複数対象の「画像を保存…」は同じフォルダに保存』のチェックが外れていると、ファイルの枚数分保存ダイアログが出てしまいます。正直言ってオフのメリットはあまりないと思うのでチェックつけときましょう。一枚一枚別フォルダに振り分けたい場合や、ファイル名を逐次指定したいならオフでいいでしょうけど、とりあえず一括でどこかに保存してからエクスプローラ等で振り分けた方が便利だと思います。

表示中のスレに貼られている画像をまとめて保存 Edit

方法としては色々あると思うのですが…全部一括保存するだけでいいのであれば、

前者はShift+右クリだと、最初から「選択範囲のリンク」のメニューが出るので覚えとくとワンステップ削れます。

選択テキストのマウスジェスチャに画像保存を登録しておけばさらにワンステップ削れます。というか保存まで一発です。

全選択.png

保存するものを選りすぐりたい場合は、「選択範囲のリンク」で、保存ではなく「画像ビューワで開く」でいいと思います。
後は上で書いた画像ビューワでチェックした画像を一括で保存するやり方で。

画像ビューワに送りたくないけど選んで保存したい、という場合はキャッシュ一覧からもできます。
レス表示欄で右クリック→開く→画像キャッシュを表示を選ぶと、そのスレのキャッシュ一覧がスレッド一覧のペインに表示されると思います。

キャッシュ一覧を開く.png

後はキャッシュ一覧の「No.」のカラムをctrlを押しながら左クリックしていけば複数選択できるので
必要なものを全部選び、右クリックから選択画像をまとめて保存できます。

キャッシュ一覧から選択.jpg

参考:ぶるるる V2Cのちょっと便利な使い方11 ~画像を一括で/選んで保存~

WebP Edit

2.11.0 [R20130214]以降のV2CではWebP画像を表示できます。
WebPを表示するには、WebPImageDecoderPluginを導入する必要があります。

※今のところ、アニメーションWebPの表示はできないようです。

導入 Edit

参照: V2C使用法 「リンク・画像」の最下部

フォルダの作成 Edit

V2C保存用フォルダに lib という名前でフォルダを作成し、
その下にも imageio という名前でフォルダを作成してください。

V2C/
└lib/
  └imageio/

プラグインのダウンロード Edit

ファイル名をクリックするとダウンロードが始まります

sourceforgeのjavavp8decoderから WebPImageDecoderPlugin-0_2.jar をダウンロードします。
ファイル名をクリックするとダウンロードが始まります。

ダウンロードが終わったら WebPImageDecoderPlugin-0_2.jar を先ほど作成した lib/imageio フォルダに置いてください。

V2C/
└lib/
  └imageio/
    └WebPImageDecoderPlugin-0_2.jar

以上でインストールは完了です。

確認 Edit

Displayable MIME types に webp があればWebPの表示が可能です

V2Cを起動します。既に起動している場合は「ファイル」メニュー「再起動」でV2Cを再起動してください。

「ヘルプ」メニュー「V2Cについて…」を開き、Displayable MIME typeswebp があればWebPの表示が可能です。


添付ファイル: filewebpDownloadJar.jpg 368件 [詳細] filewebpAboutV2C.png 364件 [詳細] file登録したいフォルダ.png 362件 [詳細] file纏めて保存.png 340件 [詳細] file追加.png 345件 [詳細] file直接保存フォルダ.png 354件 [詳細] file全選択.png 353件 [詳細] file画像保存フォルダ.png 357件 [詳細] file画像表示ウィンドウ.png 380件 [詳細] file画像ポップアップ.png 401件 [詳細] file画像ビューワタブチェック.png 327件 [詳細] file画像ビューア.png 384件 [詳細] file画像キャッシュ一覧.png 360件 [詳細] fileポップアップメニュー.png 350件 [詳細] fileサムネイルモード.png 362件 [詳細] fileキャッシュ一覧を開く.png 332件 [詳細] fileキャッシュ一覧から選択.jpg 360件 [詳細] fileOK.png 364件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-05-24 (土) 01:41:06 (1161d)